0120-905-210

受付時間 9:00~23:45 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > リサイクル > 市町村が回収してくれない粗大ごみも回収いたします!

市町村が回収してくれない粗大ごみも回収いたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家電は市町村が回収します

自宅から出てくる大型不用品・・「粗大ごみ」と呼ばれる物。
地域で定められた、手続きを終えた上での処分がほとんどですが、実は、市町村では回収することができない、粗大ごみもあることを、知っていましたか?

粗大ごみの内容・種類によって、処分の仕方にも違いがあります

一般的な「粗大ごみ」の処分は、粗大ごみ処理券(シール)を購入し、決められた日時・場所まで運び出す流れですが、地域によって異なっている部分もあります。
この処分に該当しない「家電リサイクル法」に基づく製品はもちろん、家庭で不用になった「パソコン」などは、それぞれ定められた方法で回収されます。

(1)家電リサイクル法対象の製品

主に「消費者」、「小売業者」、「製造業者」3者間でのサイクルに則って処理します。

・「消費者」は、家電を「購入した業者」に引き取ってもらう
・「小売業者」は、家電の引き取り後、「製造業者」に引き渡す
・「製造業者」は、引き取った家電をリサイクル処理する

リサイクル指定されている家電製品は、それぞれ種類や型が決まっています。
もしもリサイクル法対象の製品だった場合、廃棄には「再利用」や「収集・運搬」料金を支払わなければいけません。業者によって違いはありますが、大型品は少し高額になることもあります。

(2)家庭用PC

「パソコン3R推進協会」によるリサイクルが開始されたことで、不用になったパソコン本体とディスプレイは、市での回収ではなくなりました。
「PCリサイクルマーク」が付いているかどうかによって、「パソコンメーカー」での無償回収、あるいは「3R推進協会」での有償回収でのリサイクルになります。

推進協会での回収だと、「回収再資源化料金」が必要かつ、PCを郵送する際にも、梱包をした後、最寄りの郵便局に持ち込む必要があるなど、手間がかかるのも特徴です。

市町村で回収できない、粗大ごみのパターンを簡単に挙げましたが、地域やリサイクル法に則った不用品の回収は、とても手間とコストがかかるもの。すぐに処分できるわけではないため、普段の生活や時間とのバランスを取る必要があります。

けれど、「不用品回収業者」なら、粗大ごみの内容を気にせず、即日回収が対応可能です!

「片付けマスターズ」では、粗大ごみなどの、不用品回収のご相談を承ります

地域や市で回収できない「リサイクル対応」の製品も、片付けマスターズはすべて回収させて頂きます。急な見積もりやお片付けが必要な際も、関東全域の対応エリアで、即日対応させていただきます。

作業は迅速&スピーディー。あらゆる不用品の回収に対応可能なプロの作業品がご自宅まで直接お伺いして、運び出しからお片付けまで、プロの手際であっという間に回収させていただきます。
市町村では回収できない粗大ごみのお悩みは、安心の不用品回収専門業者「片付けマスターズ」までご連絡ください!