0120-905-210

受付時間 9:00~23:45 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > リサイクル > 犬小屋・ゲージ・フェンスなどのペット用品を処分する方法

犬小屋・ゲージ・フェンスなどのペット用品を処分する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬小屋・ゲージ・フェンスなどのペット用品を処分する方法

大切な愛犬の住まい・寝床として利用される犬小屋や犬用ゲージ。犬は自分の住む場所・縄張りを持って守ろうとする習性があり、シツケの観点から見ても犬小屋・ゲージは必要性が高いです。
しかし、中には噛み癖がひどく犬小屋が痛んでしまったり、ゲージの中を気に入ってくれないなど、さまざまな理由で犬小屋・ゲージの処分を検討するシーンが訪れることも。犬用ゲージ・フェンスの場合ですと畳んで収納することも可能ではありますが、収納スペースの場所も取ってしまいます。それでは、犬小屋やゲージを処分するにはどのようにしたらよいのでしょうか。
 

犬小屋・ゲージ・フェンスのさまざまな処分方法

 

愛犬が縄張りとして認識せず、そのままキレイな状態で使わなくなっている場合は、主に以下の方法で手放すのが賢い処分術です。
 
・周囲の方で今から犬を飼おうとしている人に譲る
・リサイクルショップに売る
・動物愛護団体に寄付する
 
譲渡や売却する際のポイントは、きれいにクリーニングすることです。住処として使う次のワンちゃんのために、犬小屋やゲージの外と中をすみずみまでしっかり清掃します。また、次のワンちゃんがテリトリーとして使うので、洗剤ではなく重曹やセスキ炭酸ソーダなど、ワンちゃんが舐めたり噛んだりしてもカラダに害のないエコ洗剤で必ず手入れは行いましょう。
 
犬小屋やゲージの傷みがひどかったり、周囲に貰い手がいなかったりする場合は、ごみとして処分しましょう。ごみに出す手順は地域によって異なります。不燃ごみとして出す際は、指定された大きさ以内にカットし、素材別に分けて出す必要があります。粗大ごみとして出す場合は、事前に自治体に確認と申し込みを行い、必要な手順に沿って指定された日時に出します。いずれにしても、事前に必ずお住まいの自治体に確認することをお忘れなく。
 

不用品回収なら犬小屋・ゲージ+他の不用品も処分できる!

 

使わなくなった犬小屋・ゲージ以外にも、他にも処分に困っている不用品があるなら不用品回収業者にまとめて依頼するのがオススメです。業者に頼めば、回収に来てくれるので持ち込みや小屋のカットなど、面倒な作業もなくスムーズに進みます。貰い手がいない、売るのが難しい、処分が面倒など、処分に困っている方はお住いの近くの不用品回収業者へ相談をしてみてください。
 
関東エリアの広範囲で片付けマスターズでも、もちろん犬小屋・ゲージ一点から、複数の不用品と合わせても一度で回収可能です。無料で見積もりを行っているので、まずは話を聞きたい方お気軽にお電話下さい。