0120-905-210

受付時間 9:00~23:45 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > 不用品回収 > 不要品回収の前に照明器具の取り外しもお任せ下さい!

不要品回収の前に照明器具の取り外しもお任せ下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
照明器具の不用品

インテリアとしても大変おしゃれな照明器具。私たちの日常にはさまざまな種類の電灯が使用されています。自宅のリビングやキッチンなどに、シーリングライトやダウンライトなどの型が設備されている家も多いでしょう。けれど、天井の明かり・・・蛍光灯を交換したことはあっても、「取り外し」はしたことがない人がほとんどでしょう。

照明器具を取り払うのも、ちょっと面倒・・・専門業者に頼んでOK

劣化したライト機器の回収を業者に依頼したけれど、「照明の取り外しかたが分からない!」または「一人でできると聞いたが、できなかった・・」そんな人も多いでしょう。

ライトは作られたメーカーや器具の種類によって、取り外しかたが異なります。天井に埋め込みされていて、金具で固定されている部分を外すだけの装置もあれば、蛍光灯と配線を外した後、最後に器具を取るタイプなどいろいろあります。

築年が比較的新しいマンションやアパートだと、天井にコンセントの穴のような、配線が取り付けられている、引掛シーリングの照明を見たこともあるのでは?

照明器具のタイプによって、工事店や電気店へ依頼する、電気工事が必要となるケースもあります。天井からケーブルがむき出しになっているタイプに関しては、電気工事店の作業対象になります。この確認も含めて、手間と時間がかかることもあるので注意しましょう。

天井の照明器具は、不用品回収にあわせて取り外すようにする

アパートやマンションから転居するとき、忘れがちなのも天井の電灯。もし個人で取り付けたことがある場合は、大家さん、もしくは不動産屋と話しあい、引っ越しする時に外したほうが良いかを確かめましょう。

もし撤去が決まった場合でも、天井に設置されているライトの種類によっては、個人だとやりにくいタイプがあります。電灯の取り外しに悩んだときは、不用品回収業者に依頼してみるのも一つの手段。

ちなみに、業者の回収が遅い時間になる場合は、照明は取り外さず、そのままにしておくのがポイント。不用品回収に来る時間帯が夕方から夜になると、明かりがない暗い部屋の中で、作業をお願いする形になってしまいます。作業がスムーズにいかず、お互い困ってしまうパターンは避けたいですね。

もともと処分するつもりでいた照明器具ならば、天井からの取り外しから回収。それから処分までの作業も全て含めて、あらかじめ、不用品回収業者に相談しておくことをオススメします。