0120-905-210

受付時間 9:00~23:45 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > 不用品回収 > 産業廃棄物の処理なら不用品回収業者がオススメ

産業廃棄物の処理なら不用品回収業者がオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
産業廃棄物

産業廃棄物と言っても様々な種類があり、この産業廃棄物が出る工場などの方々は処分に困る事もあると思います。
このような産業廃棄物を一般のゴミ回収に出す際には料金が掛かる為、利用者からすれば金銭的な負担が大きくなるのではないでしょうか。
ここでは産業廃棄物の種類を紹介した後に、自治体のゴミ回収と不用品回収業者を比べ、どちらの方が負担が少なく済むのかを比較していきます。

主な産業廃棄物の種類とは?

産業廃棄物には様々な種類があり、処分する時のコストなども変わってきます。
例えば建築現場などから出される木くずやタイル、鉄工所から出される鉄やアルミ、廃プラスチックなどが産業廃棄物の部類に入ります。
また、運送業などから出される大量の段ボールなども産業廃棄物になります。

自治体のゴミ回収に出した時の料金の一例

工場などから出される廃品は種類や重量などにより利用料金が変わっており、各自治体によっても異なります。
一般のゴミ回収に木くずを捨てる場合は再生可能なものであれば約5000円からであり、再生不可能な木くずであれば約7000円から回収可能のようです。
また、タイルやカーペット類は約16000円から、レンガは15000円からなど種類によって利用料金が変動してきます。
大量の段ボールも1トン以上になってくると20000円弱の利用料金が掛かります。
このように自治体で行っているゴミ回収だと結構な利用料金が掛かる為、少しでも負担を減らしたいのであれば、不用品回収業者に依頼する事をおすすめ致します。

不用品回収業者を利用するメリット

産業廃棄物を不用品回収業者に回収の委託をする場合、業者は廃品の量や作業量から見積もりを取ります。
仮に自治体のゴミ回収に出せば、廃品の種類により料金が変わってくるのが特徴で、事業所によっては複数の種類のゴミが出される事もあるのではないでしょうか。
また、回収場まで利用者自身で運ばなければいけない為、コストと労力を費やす事になるのです。
その点、不用品回収業者に委託すれば、見積もりの段階で交渉が出来たり、一回の回収で複数の廃品を出す事が出来る為、コストや手間が掛からないのが特徴です。

産業廃棄物は不用品回収業者へ

以上の事から、産業廃棄物は不用品回収業者に委託するとメリットが多いのです。
もしも、産業補機物を自治体のゴミ回収業者に委託すると、想像以上に費用が掛かったり、回収場まで運ばなければいけないなどの面倒な部分も出てきます。
その点不用品回収業者に委託する事でお困りの点が解消できるのではないでしょうか。
しかし、業者により利用料金がまちまちな為、先ずは見積もりを取るところから始めてみてはいかがでしょうか。