0120-905-210

受付時間 9:00~23:45 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > 不用品回収 > 市町村の粗大ごみ回収と、不用品回収業者を選ぶメリット・デメリット

市町村の粗大ごみ回収と、不用品回収業者を選ぶメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不用品回収業者を選ぶメリット・デメリット

家庭やオフィスから出るゴミには、さまざまな種類があります。捨てるのにもお金のかかる時代ですので、回収をお願いするにあたっては賢く選びたいものです。自治体と民間業者のメリットを知って、ご自身に合ったところに依頼しましょう。

 

自治体のゴミ収集は、お住まいの地域と予算によってはお得に

安さで比べれば、圧倒的に自治体のゴミ収集

税金でまかなわれる部分の多い自治体のゴミ収集なら、安く処分できます。大きなプラ製引き出しも、ご自宅に専用カッターやのこぎりをお持ちなら、小さくして不燃ゴミとして出すことが可能です。粗大ごみも、数百円~数千円とリーズナブルです。

 

ただし、自分でゴミの分別をすることが必須で、決められた日時でしか収集してもらえません。粗大ゴミの場合、自治体によって○日前までに申し込み、専用のシールをコンビニなどで購入するといった手間が必要です。これらがご自身でできる方であれば、最も安くゴミを片付けられます。

 

収集エリアは、自治体の方が広い

自治体の収集範囲は、管轄する市町村全域です。山間部などの郊外にお住まいでも、出張料はありません。この点も、公的機関のメリットです。

 

民間業者は、出張エリアを決めており、それ以外の場合は原則受け付けてもらえませんので、申し込み前にホームページなどで確認しましょう。

 

家電や、運び出せない程の大型不用品は、回収業者へ

分別・運搬の手間は、不用品回収業者が楽・速・便利

いろいろな種類のゴミを一度に処分したいときは、不用品回収業者がオススメです。自宅でのゴミ分別は必要ありません。玄関先へ出すといった作業も、当日スタッフの方が代行してくれます。手軽にすばやくお部屋を片付けたい方は、民間業者に問い合わせ、見積もりを出してもらいましょう。

 

取扱品目は、不用品回収業者の方が多い

自治体では受け付けていない家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵・冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)も、不用品回収業者には依頼できます。その他、バッテリー・ライターといった処分に困る小物も、一括して持って行ってもらえます。

 

最近は、回収と中古品買取を同時に行う業者も増えました。回収費用が数万円であっても、買取価格が付けば、その分金額を抑えることができます。トータルでは、自治体の回収と金額が変わらなかったというラッキーなケースもあります。

 

何を、いつ、どんな方法で処分したいかによって、回収先は変わります。分別や運搬の手間、取扱品目、回収日など全体的に比べて最も良いところを選んでください。