0120-905-210

受付時間 9:00~23:45 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > 不用品回収 > 老後も暮らしやすいお部屋の準備に!都内の重い不用品、まとめて処分します

老後も暮らしやすいお部屋の準備に!都内の重い不用品、まとめて処分します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
老後も暮らしやすいお部屋

足腰が弱くなる前に、自宅をスッキリと片付け環境を整えようと考える50代以上の方が増えています。「老前整理」と呼ばれるこの取組みを自分も始めてみようと考える方に、片付けポイントとゴミ処分のコツをまとめてご紹介します。

 

元気なうちに不用品を処分する老前整理は、新しい終活のカタチ

働き盛り・子育て世代と呼ばれる30~40代は、家にものが溜まる一方の生活です。50代に入り、自分だけの時間が確保できるようになったら、身の回りの整理に着手し始めましょう。

 

気力・体力ともに充実しているうちに身辺を整理し、いざ病気などで思うように動けなくなった時に備えることを「老前整理」と呼びます。子どもが独立したら?20年後はどんな生活?このようなライフプランを考えながら、身の回りをキレイにしていきましょう。

 

老前整理で着手しておきたい、おうちの片付けポイント

「老前整理」は、車椅子生活や要介護、寝たきりなどの生活も視野に入れて行います。このため、普通の掃除とは異なるポイントがあります。

 

・使わない部屋から着手

普段使わないものをしまう納戸や物置は、年々その部屋にいくことさえ減っていきます。特にはしごを使う屋根裏収納を備えているご家庭では、もう何年行っていないか分からないというケースもあります。

 

今の時点で行くのをためらう部屋は、今後体が不自由になった時には絶対に入れません。老前整理を思い立ったら、まず物置部屋から着手しましょう。

 

・よく使う部屋が1,2階に分かれている場合、全て1階にまとめる

一般的な戸建て住宅では、リビングなど生活空間が1階、寝室を2階にしています。しかし、足腰が弱くなってからは階段の昇り降りだけでも大きな負担です。怪我や事故の原因にもなる1、2階の往復をやめるため、よく使う部屋を1階にまとめるよう大きな模様がえを行いましょう。

 

大量に出たゴミは、不用品回収サービスにおまかせ

一度ものを捨て始めると、どんどん決断力が付き、掃除はみるみる進んでいきます。しかし、ここでネックとなるのが大量のゴミです。一般ゴミから資源・粗大ゴミまで多種多様で、分別するだけでも数日かかるほどです。また、地域の集積所にあまりにたくさんのゴミを出すのも、近所迷惑になってしまいます。

 

重い家具・分別していないものを片付けるなら、不用品回収業者に依頼しましょう。1~2時間、数千~数万円の作業料で、その日のうちにご自宅がスッキリと片付きます。業者によってはオプションとして、買取査定を行うところもあり、値がついた場合さらにオトクです。

 

老後の体調不良を起こすケースを調べると、家庭内での怪我や事故をきっかけとしていることが多数あります。暮らしやすいお部屋を今のうちに作っておけば、より長く健康で過ごすことができます。不用になったゴミは回収業者におまかせし、アクティブなアラ還ライフを楽しんでください。