0120-905-210

受付時間 9:00~23:45 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > 不用品回収 > とても重い金庫などの搬出も不用品回収業者にお任せください!

とても重い金庫などの搬出も不用品回収業者にお任せください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金庫などの搬出

不要になったものの処分はどれも面倒なものですが、重さのある金庫は特に困難なものです。行政機関に問い合わせても取り合ってもらえず、扱いに困っている方も少なくないでしょう。
実は、不用品回収の業者であれば、そのような金庫をさまざまな方法で処分することが可能です。もし不要な金庫をお持ちであれば、検討されてはいかがでしょうか?

持てない重さの金庫でも回収します

いかに頑丈で開けられない鍵をつけていたとしても、金庫そのものを持ちだされては意味がありません。重いほど、金庫としての機能は高いということでもありますが、処分する段階になると、それが仇となってしまい、悩まされるものです。
多くの回収業者では、専門のスタッフが複数人で、時には油圧リフトなどを利用して金庫を移動させます。当然、金庫の重さによって料金がちがうため、重さについては事前に確認していただくことが必要です。

金庫の買い取りは可能なのか?

現状ある金庫そのものの市場価値があれば、買い取りも可能となります。価値の高い金庫は、年式の新しいテンキー付きのものや、指紋認証の機能が備わったものです。これらはそのままリサイクル業者などに引き取ってもらうことで、回収費用に割り当てることができます。
買い取り価格の調査には、金庫のメーカーや型番、年式、カギや取扱説明書の有無などの情報が必要となります。ただし、重量のある金庫はその分費用がかさむため、買取価格では賄えない場合がほとんどです。

耐火金庫でも引き受けてもらえるのか?

耐火金庫の処分方法について、市役所などはもちろん、スクラップ業者などに問い合わせてみても、簡単に引き受けてはくれません。
金庫はすべて金属で作られているように見えますが、耐火金庫ならば熱への耐性を持たせるため、中にはコンクリートが入っています。火災などに巻き込まれても、中に入っている紙幣や権利書など、大切なものを守るために工夫されています。
金属とコンクリートを引き剥がすことはとても困難なため、引き取り可能な業者は少ないのです。

面倒ごとなら、不用品回収業者におまかせを

ご覧いただいた通り、金庫の処分はとても手間のかかるものであり、大変悩ましいものです。不用品回収業者では、さまざまな処分のルートがあるため、回収できない不用品はほとんどありません。重量のある耐火金庫であっても適切に処分することができます。
処分の必要な金庫があれば、ぜひご相談ください。