0120-905-210

受付時間 9:00~23:45 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > 不用品回収 > 解体・リフォームなどで出る大量の廃材も回収できます

解体・リフォームなどで出る大量の廃材も回収できます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
廃材を回収する

家屋の解体やリフォームのときに出る、大量の廃材。木材や鉄、プラスチックなど数多く種類がありますが、これらは「産業廃棄物」として扱われています。
工事で出た廃材は分けてから運ばれ、リサイクルされる流れになっています。工事とあわせて出た廃材も、解体業者がまとめて一緒に回収するケースが多いのですが、実は解体業者にお願いするよりも、不用品回収を依頼するほうがお得なこともあります。

解体工事で出た「産業廃棄物」の処分

解体業者に依頼した場合、建物の工事費とは別に、取り壊したあとのゴミである廃材の処分費用も支払うのが、主な流れです。
しかし、やはり気になるのがその価格。住んでいる場所や家屋の構造など、さまざまな状況によって変動はありますが、廃材処理にかかる費用は、思っているより高額です。金銭面で大ダメージを受ける人もいるでしょう。

もし解体業者に工事をお願いする場合は、業者によって費用が異なることを覚えておきましょう。前もっての見積もりでしっかり比較することが、大切なポイントです。

解体業者と不用品回収業者、どちらも「許可」が必要

家庭の不用品である「一般廃棄物」や「産業廃棄物」は、回収するにもそれぞれ許可が必要です。解体工事で出た廃材は産業廃棄物のため、一般の処理とは別になります。

解体業者が、一般廃棄物の回収許可を持っているならば、不用品回収することも可能です。けれど持っていないのに回収した場合は、廃棄物の処理法に違反したことになります。不用品の専門業者も、産業廃棄物の許可がないのに処理したときは同じです。

「片付けマスターズ」は、一般・産業廃棄物両方の、収集運搬業に関する認可を得た不用品回収事業者です。産業廃棄物の処分も、安心してお任せください!

廃材の処理も、不用品回収業者にお任せください

地域によって差はありますが、廃材の産業廃棄物は、自治体で回収できるものもあります。
たとえば木材が廃材だった場合、決められている寸法に切断して指定の袋に入れることで、地域でのごみ回収ができるところもあります。

しかし、中には解体後の廃材が多すぎて、地域のごみでは無理なケースもあります。
そんなときこそ、不用品回収のプロにご連絡ください。
大量の廃材と家庭内の不用品、どちらもまとめて回収できますので、解体処分ででた様々な不用品を、一度に処分できます。

片付けマスターズは、関東全域の対応エリア内なら、無料で事前にお見積もりいたします。解体やリフォームで、不要品の回収にお悩みの時は、まずはお気軽にご相談ください。