0120-905-210

受付時間 9:00~23:45 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > 不用品回収 > テレビの処分方法

テレビの処分方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビなどの処分方法

数年に一度、買い換える方も多い家電がテレビです。最近ではどんどんテレビのサイズが大きくなり、大きなサイズが出るたびに買い替える方も多くなってきました。

古いテレビを処分しようと思っている方に、様々な処分方法を紹介します。

■自治体の粗大ゴミに出すと手続きが面倒

テレビの多くはは「家電リサイクル法」の対象となっています。「家電リサイクル法」基づいた処分が必要です。
※家電リサイクル法の対象になっていないテレビは、粗大ごみの扱いとなります。

テレビなどの処分の方法の一つに購入したお店に引き取ってもらう方法があります。しかしテレビの買い替えの場合のみに適応されます。またお店までテレビを持ってい買と行けない場合も多々あります。車を持っていない方はお店までの運搬費用がかかる場合があります。

引越し等で処分を考えている場合には一緒に処分するものが多くなるかと思いますので、回収業者を利用すると良いでしょう。テレビの他にもさまざまなものを引き取ってもらえます。個別に処分するよりも効率的です。

また自治体を利用して処分する方法もあります。自治体は様々なゴミの処分を引き受けており、テレビも例外ではありません。

しかし、自治体に粗大ゴミとして処分してもらうと手続きが面倒です。「家電リサイクル券」を郵便局で購入し、自治体の指定した場所まで搬出しなければいけません。大型のテレビ台や重労働の苦手な女性にはハードルが高い処分方法と言えます。

また自治体によっては回収日まで指定してくることがあります。回収の日にちが折り合わなかったり、また土日にしか自治体は動いてくれないので、なかなか休みが取れない方には不向きだと言えます。

その点回収業者は土曜、日曜も対応しているので平日休みが取れない方も気軽に利用することができます。

■業者にテレビを回収してもらおう

テレビの処分方法は非常に多くの選択肢があります。ただ運搬費用ついたり、所定の場所まで運ばなければいけないなどのデメリットがあります。不用品回収業者なら、こういったデメリットとはほぼ無縁と言えるでしょう。

回収業者は格安でテレビ台を回収してくれます。自宅の前まできてもらえることが多いため、テレビ台を車などで運ぶ必要もありません。テレビ台が大きくて自力での運び出しが難しいなど、場合によっては自宅内まで業者が引き取りに来てくれます。不用品の回収業者が地域にあるなら利用してみましょう。