0120-905-210

受付時間 9:00~23:45 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > 廃品回収 > オフィスなどから出る重要書類もキチンと処理してくれる?

オフィスなどから出る重要書類もキチンと処理してくれる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
重要書類の処分方法

オフィスを整理したいと考えた時、どうしても気になるのは「書類の処分方法」です。自分たちで処分するには、量が膨大であれば動かすだけでも困難であり、かといって回収業者に任せてしまうとどんな扱いを受けるか心配になるでしょう。
しかし、信頼のできる業者に任せれば、実際にそんな心配はいりません。重要な情報がたくさん詰まっている書類の処分方法についてご紹介します。

重要書類の処分は誰でもできてしまう?

オフィスから廃棄される書類の中には、重要な取引先や個人の情報をはじめとした、会社が外部に漏らしてはいけない情報がたくさん含まれているものです。そのような書類を処分する業者には、特別な許可が必要そうですが…実は「誰でも引き受ける」ことができます。
極端な話をすれば、回収業を開業したばかりの素人であっても、そのような重要書類の処分に従事することができてしまうのです。そのため、オフィスの整理を行う場合は信頼のできる業者を吟味することが大切です。

重要書類の処分にオススメ「溶解処理」

書類をシュレッダーにかけたとしても、その気になれば復元してしまうことが可能であり、決して安心とはいえません。しかし「溶解処理」ならば、書類そのものをまとめて古紙として溶かしてしまい、トイレットペーパーなどに生まれ変わらせます。
もちろん、紙に印字されていた情報はすべて消える上に、コスト面でもシュレッダーに比べてずっと安く済みます。安い上に情報が消え、紙も無駄にならすエコロジーに貢献できると、さまざまな点で優れた処理方法なのです。

多くの種類の紙を同時にリサイクル可能

オフィスでは、さまざまな種類の紙を使うことになります。定番のコピー用紙から伝票、帳簿類、感圧紙や茶封筒など、数え上げたらキリがありませんが、溶解処理ではそれらをまとめて溶かすことが可能です。
ダンボールも同じく紙として溶かしてしまえるため、オフィスでダンボールに詰めた後は、その箱は開けられることなく溶解炉で溶かすことができます。これは、情報保護の観点からも重要です。

信頼のできる業者を選びましょう

重要書類の処分については、業者選びには注意しましょう。書類の処分方法については、事前に確認することが望ましいです。オフィスを整理する場合は、書類以外にも机や椅子、キャビネットなど多くの不用品が発生するはずです。法人向けの回収サービスを展開している業者であれば、それらをまとめて処分できます。