0120-905-210

受付時間 9:00~23:45 年中無休|携帯・PHSからもOK

メールフォームで簡単見積もり!
お気軽にお問い合わせください

不用品回収のことなら「片付けマスターズ」 > 不用品回収 > 大きな鏡台の処分も不要品回収業者にお任せください。

大きな鏡台の処分も不要品回収業者にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大きな鏡台の片づけ

嫁入り道具として持っている人も多い「鏡台」。女性にとって、身支度を整えるのにかかせない家具です。ですが、結婚当初から使い続けるうちに劣化や破損が起きてしまった。あるいは、引っ越し先に収納スペースをとれず困っている。こんな悩みから、不要品として処分を考える人もいるのでは?

自分で処分しようにも、実は難しい「鏡台」

女性の化粧やヘアセットを目的とするため、「鏡が大きく、物を収納するための引き出しがついている」タイプがほとんどです。化粧品など女性の小道具の収納に、とても優れている鏡台ですが、いざ自分で処分しようと意気込んでも、いろいろと勝手や手続きが分からず戸惑うことも多いでしょう。

粗大ごみでの不用品回収は、あらかじめ鏡の解体が必要

住んでいる地域の役所や自治体に連絡して、粗大ごみで引き取ってもらう方法があります。自治体によって、ごみの種類が違うこともありますが、料金は不用品の大きさやジャンルによって決まります。鏡台の鏡は、あらかじめ取り外しておきましょう。自治体によっては、解体されていないと、手続き済みでも回収されない場合もあります。

また、前もって粗大ごみ処理券を購入しておくことや、定められた日時に、自分でゴミステーションまで不用品を運ぶのも決まりです。手間がかかってしまうのが特徴ですが、不用品回収を考えた時は、「まず可能かどうか」自治体に確認をとり、計画的に処分できるようにしましょう。

鏡台の処分で困ったら・・・・不用品回収業者がオススメ!

粗大ゴミとして捨てる場合、姿見のような縦長のタイプや、大きく広がる三面鏡タイプなど、鏡台の種類や大きさによって、処分の方法が変わることがあります。また鏡の部分は、大きさによっては細かく砕いて破片にするなど、住んでいる地域のごみ処理法に従って処理しなければなりません。

年月の経過にともなった劣化や破損が原因で、自分で鏡を取り外ししようとした際、新たなケガや事故を引きおこしてしまうこともあります。

そんなときに便利なのが、不要品回収業者です。

不要品回収業者では、鏡台をそのまま回収してくれるので、自分で解体する手間を省くことや、作業方法への不安感を取りのぞくことができます。鏡台を処分したいけど、どうしたらいいのか分からない・・・と困ったときは、一度不用品回収業者に問い合わせてみましょう。即日対応で見積もりも無料なので、不安や悩みも早めに解消されるでしょう。